2018年10月15日

旗を高く掲げよ


叉銃 (1年ぶり2度目)

砦さんの6時間耐久サバゲーに参加してきました。

見ての通り、今回はWW2ドイツ軍装備合わせでした。
ドイツ装備合わせなので、今回はマジ卍自重しない


ドイツ軍やってます的な事をたまに書いてる割にはこのブログには載せてませんでしたが、
WW2ドイツ軍装備はサバゲー始めた頃にまず揃えた装備でした。

始めたのは高校生ぐらいの時からですので、
あの頃からなんかもう既に業の深い少年でしたねぼくは。














サバゲをしていたと思ったらリエナクトをしていた

あ…ありのまま 昨日 起こった事を話すぜ!
おれは サバゲをしていたと思ったら リエナクトをしていた






何を言ってるのかわからねーと思うが


これあれじゃん!御殿場とかで見るやつじゃん!
しかもフィールドの中にあるし!すげぇ!

これ、ツェルトバーンっていう三角形の布を組み合わせて作るテントで、
ドイツ兵は1人1枚装備していて、4枚とか8枚で1つのテントを作ることができ、
使った枚数がそのまま収容人数になるんですけど、とても4人も入れるようには見えませんね。



















テント付近



テント付近2

こんな野営地は二次戦勢ホイホイです。
この周りは自動的に二次戦勢の集いになってました。

あと帝政ドイツな方も居ました。
WW1装備は初めて見ました。凄いです。

一次大戦特有のカラフルな迷彩のM18ヘルメットがカッコいいです。




















焼肉

昼には国防軍の方が焼肉をしていたのでご相伴にあずかる。
この日は昼食を買っていなかったので大変ありがたかったです。

お菊さん手製の「エンドウ豆のベーコン添え」も非常に美味でした。
このエンドウ豆のベーコン添えはドイツ軍の糧食でも非常にポピュラーで、
エンドウ豆のベーコン添えは美味い、エンドウ豆のベーコン添えが食べたい」みたいなことを
歌ってる軍歌まであります。


ヘルマン・ニアハルト分隊指導者(軍曹)はグライフ作戦の時のドイツ軍装備でしたが、
この写真じゃすでに青スカーフを外しているのでただのアメリカ兵ですな。

あと軍曹は焼肉の間はなぜかずっとカニバリズムの話をしてました。カオスです。



























食事しながらサバゲ

食事中も戦争は待ってくれません。
午前から敵に押され気味だった赤チームですが、
昼近くではかなり近い距離まで敵兵が浸透してくることが何回かありました。

近くまで来た敵にはとりあえず撃ってましたが、
昼食は基本的に弾の飛び交う中で摂ることになりました(比喩表現無し)

この後、赤チームも攻勢をかけて戦線を押し戻していました。
え?ドイツ軍?ジンギスカン食ってたよ。























時代感がヤバい

確か昼一の攻勢の時の写真です。
なんというか、時代感がヤバかったです(語彙力)























制圧射撃中のドイツ軍


MG42!


バベルの塔ことライヒスターク手前のトーチカでMG42による弾幕射撃を行うドイツ軍。

布を裂くような」と称される実銃同様の凄まじい射撃レートで敵を制圧していました。

ここでは制圧射撃中には大人しくしている敵が、弾薬補充中の射撃の切れ目に突撃を掛けてくるという戦闘が幾度か繰り返されました。






















人間ラフェット

人間ラフェット
今までなんか機関銃を使うたびに似たようなことをやってた気がしますけど、これは本家。

TAMIYAで見た
























今回の装備(ナチ)

あ、今回の装備です。

MP40のマガジンポーチを着けてるのにKar98kなのは、MP40が拳銃弾的な射程なので「砦」に適さなかったため。

武装SSの服なのに帽子だけ国防軍なのはSSか国防軍か決めかねていた最初の頃に買ったため。
本当はヘルメットを被っていたのですが、なにぶん重いので後半は帽子にしてました。


隣の同志お菊さんは降下猟兵装備で初ドイツ。
うっかり「降下猟兵やりたい」とかつぶやくからこうなる。
釧路湿原って怖いね。

二次戦知ってそうだから 装備の沼にぶち込んでやるぜ!

今回は鉄板の「新任少尉」ネタではなく、
飛行機がない空軍」ネタで散々やられてましたね。























捕虜プレイ

最後は定番(?)の捕虜プレイ
普通に集合写真を撮るはずだったのにどうしてこうなった






















撃たないで

「ニヒトシーセン!ニヒトシーセン!」

「ヒルフェ!ヒルフェ!」

「ビッテビッテ!」























アメリカだいすき

「まって ぼくアメリカだいすき ミッキーマウスもだいすき」

「ヒトラー くそくらえ」








一緒に遊んで頂いたドイツ兵と二次戦勢の皆さんありがとうございました!
あと写真と焼肉もありがとうございます。

また集まる機会があったら宜しくお願いします!





























スペツナズ部隊のてっぽう

半々でロシア軍もやるつもりで
ロシア軍の特殊部隊のスペツナズ部隊が使ってる、ドラグノフをサブマシンガン化したてっぽう
とかも持ってきてたんですが、思いのほかドイツ軍が楽しかったので一日ドイツ軍でした。

スペツナズ部隊のてっぽうを使うのは次回ですねクォレハ・・・



  


Posted by 劇団長  at 20:40Comments(0)サバゲドイツ第三帝国

2018年09月03日

[WR2018] ロシア軍、フカガワスタンで人道支援 СИИ.JP

ロシア軍、フカガワスタンで人道支援
フカガワスタンで燻る反米感情の実態 ― СИИ.JP

ロシア軍、フカガワスタンで人道支援

9月2日、フカガワスタンにおいてロシア軍が住民に対して食糧の提供などの人道的支援を行ったとロシア政府高官から声明が発表された。

このフカガワスタンは以前からロシアによる介入が噂されていた地域で、これまで介入を否定してきたロシア側が、ロシア軍の派遣を初めて公式に認める形となる。

また、フカガワスタン側は物資の他にも軍事的支援を受けているという噂もあり、これが事実ならフカガワスタンが「第二のシリア」化するのは時間の問題であろう。

















桜山コンバットフィールド

今年も「旭川ホワイトロックス」さん主催の「White Rock2018」に参加してきましたよ!
やっぱりロシアで!

今年はアメリカ陸軍とNavySealsはフカガワスタンから撤退し、代わりに自衛隊の派遣部隊が増派された模様。
自衛隊は人より武器が多いし、機関銃付きの車両があるし、人数も多いので参加国の中で一番火力があった気が。


ちなみに去年はこんな感じ。

露軍、フカガワスタンに軍事介入か ―CИИ.JP





















もしかして機関銃・・・多すぎ!?

ロシア軍も火力という点では負けてはいません。
PKMが3丁とRPKが1丁を保有する重火力でした。
「ロシア軍」としての参加は5人でしたので、
ほぼ1人1丁軽機関銃が割り当てられる計算(あたまわるい)

火力こそファイアパワー






















陣地設営中

ロシア軍に割り当てられた陣地は昨年と同一場所でした。
ただし、連合側の空爆を受けて建造物が無くなってしまった為、テントを設営中です。

前回のアレのせいでホワイトロックさんのインフォメーションで実質名指し
勝手にテント建てんじゃねぇ!(意訳)」と怒られてしまいましたが、
今回はまさかのテント設置要請が。













もう一度だけチャンスをやろう!


多分こういう事だと思います(白目)






















ロシア軍ベースキャンプ

なかなか立派な御殿が完成しました。
日差しが遮られるのでなかなか快適です。

ちなみに、機関銃持ってき過ぎロシア軍はこのテントの四隅に
各1丁ずつ軽機関銃を防御用に配置してました。























自撮りロシア軍

完成したベースで伝統の自撮りロシア兵。
今回は後ろにバッチリ「やめろ!」って書いてあるのにやっちゃう。
























作戦会議

これからの動きを作戦会議中。
今回のロシア側ユニットは全員で6人。
ak74su同志、どーどー同志、キクニコフ同志、ヘルノヴィッチ・ニアノフ軍曹と自分のロシア正規軍5名、ロシアンPMCのHK同志が1名。

今回は海軍歩兵と連邦保安庁"A"局隊員が帰国した代わりにPMCを雇ったのだと思います。


ロシアンPMC・・・ありだな!

青のDefender Low Profileが映えてカッコいいぜ!
Low Profileなのに映えるとはこれいかに。





















偵察部隊

まずは周囲の偵察をどーどー同志、キクニコフ同志、HK同志の4人で行ってみることに。
事前情報によると、ロシア軍ベースから西に少し行くとフカガワスタン住民の難民キャンプがあるという事だが・・・

















地図A

事前情報と偵察によって判明した位置関係はこんな感じ。






















食糧の選別中・・・

まずは地元住民への食糧支援を行う事にしたが、ここでトラブル発生。
レーションを開封した所、パッケージが破れて腐っているものが入っていてえらいことに。

無事な物を選別し、ロシア料理の中でも食べやすい物をチョイスして、水のボトルと共に支援用の袋に詰めました。





















人道支援に出発

フカガワスタン住民への人道支援のためベースを後にするロシア軍。






















難民キャンプに近づくロシア兵

難民キャンプに接近するロシア軍。






















族長の居場所を聞くロシア兵

族長に会いたいのだが

族長は今出かけてる 案内するから着いてくるといい

人道支援物資を族長に渡そうとしたが、族長は今出かけているらしい・・・。
案内するというのでヘルノヴィッチ・ニアノフ軍曹と護衛のPMC社員が族長の所に行くことにした。

その他のロシア兵4名は難民キャンプにて待機することとなった。






















族長をDAKKANせよ

しばらくして案内人と軍曹、PMC社員の3人が戻ってきたが、族長の姿はない。
どういうことかと聞くと、族長は非道なアメリカ軍によって基地で拘束されているという。

無辜の民を虐げる暴虐を捨てては置けない。フカガワスタン民兵と共に族長をDAKKANすることになった。













族長DAKKAN作戦

民兵によると林の中を進むと米軍キャンプ前へ出られるという。

















族長奪還作戦

族長奪還作戦中のロシア軍。
左翼に回った民兵と共に攻撃する予定だったが、早々に民兵が発見されてしまい、攻撃は断念。






















米軍基地

プランを変更して堂々と族長を連れ帰ることとした。
幸い、PMC社員がアメリカ語を習得していたため、交戦の意思が無い事を伝えることができた。

ぼくはとりあえずFuckって言っといた。英語分からないから意味は知らない






















族長救出成功

無事に族長を救出することに成功した。






















支援物資贈呈式

難民キャンプへ戻った後、改めて支援物資の贈呈式を行った。






















フカガワスタンとロシアの友好協定

族長はロシア軍への協力を約束してくれた。
また、我がロシア軍もフカガワスタンに対して、物資など必要なものを提供すると約束。
ここに友好協定が締結された。






















戦士と親交を深めるロシア兵

ロシア兵もまたフカガワスタンの戦士達と親交を深めた。






















作戦会議中

その後、族長から難民キャンプ周辺の土地の提供を受けたため、ここで一旦大休止とした。

だが、大休止中に難民キャンプに接近する不審な人影が。

それはフカガワスタンから撤退したと思われていたアメリカ海軍の特殊部隊員だった。
取り残されていた隊員がキャンプに迷い込んできたのだろうか?

しかし、フカガワスタン住民の対米感情は危険なレベルまで達しているため、
一旦ロシア軍で保護することした。























sealsにも食糧の提供

ロシア軍ベースへ帰還後、Seals隊員に水と食料を提供した。
ロシア軍は礼儀正しいので、拷問とか虐待とかそういう前時代的なものとは無縁なのだ。
去年のアメリカ軍とは違って。























民兵の訪問

Seals隊員保護からしばらくして、フカガワスタンの族長と戦士たちがロシア軍ベースを訪ねてきた。
族長曰く、「戦士たちに戦い方を教えてやってほしい」という。
ロシア軍はこれを快諾。射撃訓練を実施することとした。
























ロシアPMCによる射撃訓練

PMC社員がインストラクター資格も所有していたので、PMC社員主導で射撃訓練が実施された。
これまでの功績を讃え、族長奪還作戦で100ルーブル、射撃訓練で300ルーブルの時給上乗せが約束された。























アメリカ軍基地襲撃

射撃訓練を受けたフカガワスタン民兵と共に、アメリカ軍基地を襲撃するよう命令を受けた。

ロシア側の参加兵力は5名で、うち軽機関銃手が4名というイカれた編成でした。

保護したSeals隊員も途中まで連れて行ってから解放してやることにした。





基地攻撃経路

基地への攻撃経路。
車両にて移動し、途中で下車、族長を奪還した時と同じルートを利用して襲撃を掛ける。






















自爆攻撃

作戦計画では海兵隊が基地から出撃し、警備が手薄になった所を狙うというものだったが、
民兵側の攻撃発起が早すぎ、それに追従する形での攻撃となった。

だが、それまで一般市民だった―しかも女性だ―が何のためらいもなく自爆攻撃を仕掛けるほどに、
フカガワスタン住民の対米感情は深刻なほど悪化していることの証左であろう。

我が勇敢なるロシア軍とフカガワスタン民兵は果敢に戦い、卑劣なる米帝に甚大な損害を与えた!(大本営発表)
























MARSOC捕獲作戦

基地襲撃を終え、ベースキャンプへ帰還したロシア軍へ新たな指令が。
北の森にMARSOCが潜伏している。捜索して射殺せよ

MARSOCといえば、あの悲劇を我々は忘れてはいない。
そんな部隊がフカガワスタンで何をしているというのか。
早速、我がロシア軍は北の森へ捜索部隊を派遣した。























MARSOC捜索中

潜伏している敵を捜索するのは容易なことではない。
特にこのような森の中を捜索するのは危険なので、PMCを先頭に立たせることにした。

PMCは民間企業なので、ロシア正規軍の戦死者数にはカウントされないため、
こういったことには最適だ。





















自衛隊を待ち伏せ中

状況が変わった。
MARSOCを回収するために自衛隊が出撃してきたというのだ。

これを待ち伏せするためにアンブッシュしたが、自衛隊の部隊は森の中まで入ってはこなかった。
MARSOCを回収した自衛隊はさっさと撤収したようだったが、MARSOC排除指令はまだ取り消されていない。
これを追撃することにして森を抜けたが、完全に基地内に撤収されたのでこれ以上の攻撃は諦めることとした。

PMC社員がベースに向けて散発的な射撃を行っていたが、
これについてはロシア軍は関知しておりません(棒)




























最終決戦

14:15、連合軍側の最後の攻勢が始まろうとしていた。

ロシア軍はフカガワスタン民兵と共に、この攻勢を凌いでフカガワスタン国境線から隣国へ撤退せねばならない。

だが、国際的な問題上、国境ゲートを開放できるのは14:50から15:00までの10分間に限定されていた。
連合側の攻撃開始時刻を計算に入れても、最低20分程度は敵の攻撃に耐えなければならない。



最後の攻勢


ロシア軍・フカガワスタン民兵は道路上に障害物を設置し、道の左右に展開してアンブッシュ攻撃を行うこととした。

先頭を走ってきた自衛隊のジープを一時足止めすることに成功したが、恐らく随伴歩兵によって対車両障害物が撤去され(恐らく。自分の配置地点からは見えなかった)、自衛隊のジープが突破してきた。

道の左右から銃撃が撃ち込まれ、自分もPKMを撃ちまくったが、ジープに据え付けられた軽機関銃からの反撃をPKMのレシーバーに5、6発喰らい破壊された(腕の良い機銃手だ)ため、機銃を破棄。








最後の攻勢2

そのうち、海兵隊が右手の丘に回り込んできたため、道路の反対側にいたPMCとともに後退。
民兵は全滅したようで、生き残ったロシア兵と制圧された自衛隊のジープの陰まで後退したが、
隊員は満身創痍で弾薬も欠乏し始めていたようだった。自分も右足と左腕を撃たれていた。

離脱時間の近づく中、弾の切れたPMC隊員は自衛隊のライフルを奪って撃ちまくっていた。
自分も片手撃ちで海兵隊員を一人倒し、他の隊員も応戦していたが、多勢に無勢、
脱出地点を目前に全滅してしまった。




















激戦のジープ周辺

状況が終わって。
激戦のジープ周辺。今回のホワイトロック屈指の激戦地だと思います。


今回のホワイトロックも超楽しかったぜ!
写真はこれぐらいしかないので、あとはDVDを待つぜ!


ホワイトロック運営の皆様、各国軍の皆様、ロシアの皆様
ありがとうございました。また次回も楽しみにしています。
ロシアが出禁じゃなければ




  


2018年08月14日

マリンコ遊び


マリンコぉ^~

マリンコぉ^~(気さくな挨拶)

日曜日は某ルートさんとマリンコ遊びしてきたぜ。

前回との装備の時差は実に200年です。






























今回のマリンコぉ^~








買っちった




長いM4 M16A4買っちった

でも海兵隊ではM4に更新どころかM27IARが採用されているので
世間から2周遅れぐらいの感じですが。


この全員がマシンガン持てば強いじゃん理論で採用されたM27IARですが、
複数種の兵器を単一の兵器で統合」っていうのをアメリカ軍は定期的に行っては
痛い目を見てる(M14しかり、OICWしかり)ので、今回も絶対後悔すると思うんですけど(名推理)






銃は絶対長いほうが強いです。

大正義M16を取り上げられたと思ったら、短いのを渡されて、かと思ったら
ドイツ野郎の作った変なコピー品みたいのを使えって言われて、海兵隊もブチギレてるに違いありません。


じゃけん こ↑こ↓で反応を見ましょうね~



















マリンコタイムズ2



マリンコタイムズ

( ゚д゚) ・・・ (つд⊂)ゴシゴシ (;゚ Д゚) …!?
















なにいってんのおまえ





















m16がいちばんいんだ
























現場海兵隊

どう考えてもあれは海兵隊にM16を使わせたくない誰かの陰謀ですね。間違いない。

それは置いといて、保護具の着用を確認したり






















絶対に笑ってはいけない海兵隊

絶対に笑ってはいけない海兵隊24時とかやりました。






















初速340m/s

このラバーチキンは戦闘中にも鳴らされてました。

ラバーチキンの鳴き声の初速は340m/sですが、弾体の質量は0gです。
よって J = 1/2 × 0 × 340 ² となり、ジュール値は0となりますので、
改正銃刀法の規定値(0.989J)内となり安全です。
























地元住民

地元住民と交流する海兵隊。






















軽装備海兵隊

軽装備海兵隊。

OTV+FLCの場合、暑い時とかにFLCだけにするという選択肢が生まれますが、
SPCとかMCPCのようなプレートキャリアのときはアーマーから逃れられない(カルマ)
な状態になるので、プレートキャリアに更新するのはまだいいかなと思いました()





















フルアーマー海兵隊

フルアーマー海兵隊。























登る海兵隊

登る海兵隊。






















監視する海兵隊

監視する海兵隊。























狙う海兵隊

白昼の銃乱射事件に遭遇する海兵隊。























狙撃する海兵隊

犯人を狙撃する海兵隊。

大勢でマリンコ遊びをすると最高や。
またやりたいぜ。






























ナチ装備

あとナチ装備もしてましたねぇ!






















新兵器のテスト

そしたらギリー軍曹が戦車のラジコン貸してくれたので遊んでました(超シュール)
これはもう実質ゴリアテですね。






















戦車道

「フューリー」仕様のM4シャーマンと戦車戦が行われましたが、
このティーガーは車体の旋回速度が死ぬほど早いので映画通りとはいかず、
砲塔側面に零距離射撃の88㎜を喰らって車長・砲手・装填手死亡で戦闘終了しました。






















いぇい

今回はこんな感じでした。



  


Posted by 劇団長  at 19:19Comments(2)サバゲ大正義ジャスティス連邦

2018年08月06日

God Save the Queen



誇り高い



やったぜ。
昨日の8月5日にいつものメンバーと戦列歩兵好きのak74さんとわしの5人で
安平町にあるサバゲーフィールドで戦りあったぜ。

5人で持って来たマスケットに鉛玉と火薬を入れあった。
しばらくしたら、敵が白目が見える距離まで来て
先に弾をドバーっと出してきた。もう周り中、硝煙まみれや、
リロード中の敵にカウンターファイアを浴びせるともう気が狂う程気持ちええんじゃ。

5人で撃った銃に弾を込め直したり、銃剣で突撃したりした。ああ~~たまらねえぜ。

やはり大勢でやらないと騎兵が止められないぜ。

ああ~~早く硝煙まみれになろうぜ。
女王陛下の為に命を捧げられる奴なら最高や。

戦列組みたいやつ、至急、腕木通信で連絡くれや。












イカれたメンバー


という訳で戦列歩兵合わせだったぜ!

今回のイカれた連隊のメンバーを紹介するぜ!

大英帝国戦列歩兵 ×2
近衛歩兵連隊 "コールドストリームガーズ" ×1
高地人連隊 "第42ブラックウォッチ連隊" ×1
13植民地戦列歩兵 ×1

強力な近衛歩兵とハイランダーが居るので並みの戦列には撃ち負けないぜ(ETW並感)

戦列歩兵が5人も揃うとかほんと狂ってる








































バトルロイヤル


さっきと同じような構図だけど第一ゲーム開始直前の写真だぜ!

第一・第二ゲームは「バトル・ロワイヤル戦」とか言ってましたが、

思うに「バトル・ロイヤル (大英帝国の戦闘)」の間違いだと思うぜ!
多分植民地の訛りが入ってるね、間違いない。


この後方陣を組んで四方からの攻撃に備えてましたが、
妙な音を発して飛ぶ鉄の鳥のようなもの」に士気崩壊を起こして一瞬で全滅しました。

(多分空撮されてたんでそのうち砦さんとかに逃げてるシーンがUPされるのかな?)



















植民地に容赦ない

お前のせいで負けたじゃねーか!この植民地が!

(ちくしょう いつか殺してやる)

植民地には容赦ないイギリス人。

戦争が上手くいかないのは植民地のせいだし、
代表が無くても税金を納めるのは当然の義務なので仕方ないね。
























ゲーム中の写真 (戦列)


とりあえず射撃戦と突撃と一通りやったので大満足でした。
というか今世紀で一番面白いサバゲでした。

他には、
息子を殺されたタイプのメル・ギブソンが砦まで旗もって走って行ったり、
恋人を殺されたタイプのメル・ギブソンが拳銃で無双してたらしいです。
こいついつも独立してんな

なかなか敵陣を突破できませんでしたが、これは砲兵騎兵が足りない為でしょう。
三兵戦術は大事だってそれ一番言われてるから。

それとなんか足んねぇよなぁ?鼓笛隊とか足んねぇよなぁ?
鼓笛隊が居ればリロード速度とかにバフがかかるから大事(Hold Fast並感)




あと真っ先に士官を狙うのは大変紳士的じゃないですね。

士官が戦死すると兵士が逃げ出して野盗と化して大変なので
植民地の皆さんはもう少し考えて頂きたい(笑)



他には、たまにロシア装備とかしてたりしましたけど些細なことです。
なんか らんまる?さんっていう人も来てたらしいですね。

(前回でロシア系の人が結構来るって分かってたので、もっと真面目にロシア装備を持っていけば良かったと思ったのは内緒だ!)




















現用イギリス軍

あとイギリス軍の人にL85を持たせてもらったぜ!
これでどう見ても現用イギリス軍!(バッキンガム宮殿並感)























星条旗よ永遠なれ

Oh, say does that star-spangled banner yet wave.

O'er the land of the free and the home of the brave!

(ああ、星条旗はたなびいているか?自由の地、勇者の祖国の上に!)


1773年12月16日、これまで法外な税金を課せられていた13植民地人はついに立ち上がった。
ボストン湾に停泊していたイギリス商船に積んであった紅茶を海に捨て、
ボストン湾を紅茶の海にしてしまったのである。これをボストン茶会事件という。

この事件がきっかけとなり、イギリス本国と13植民地の関係はますます悪化していく。























バンカーヒルの戦い


紅茶捨てるとかかなり挑戦的じゃないそれぇ?

頭に来ますよ~

1775年4月19日、植民地の民兵から武器弾薬を取り上げようとした
イギリス軍と民兵がついに激突。アメリカ独立戦争の幕開けとなった。

そして1775年6月17日、ボストン市北東部にてイギリス軍とアメリカ大陸軍の間で
大規模戦闘が発生した。後に「バンカーヒルの戦い」と呼ばれる事になる戦闘である。


















馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前

三人に勝てるわけないだろ!

馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前

イギリス軍が立て篭もるボストン市はアメリカ民兵により包囲されていたが、
イギリス軍は海軍の船によっていくらでも好きなだけ物資や増援を運び入れることができた。

その為、アメリカ大陸軍はボストン市を砲撃できる丘に大砲を設置することに決めた。
対するイギリス軍も、その丘を制圧すべく攻撃を開始した。




















husser!

突っ込めって言ってんだよ!(銃剣突撃)

やべぇよやべぇよ

アメリカ大陸軍は善戦し、イギリス軍の攻勢を数回撃退したものの、
白兵戦に持ち込まれると総崩れとなった。

イギリス軍は銃剣を装備していたが、アメリカ大陸軍は銃剣を持っていなかったため、
白兵戦では不利だったのだ。






















許してくださいなんでもしますから

暴れると痛いぞ~?

痛いですね・・・これは痛い・・・

この戦闘で丘はイギリス軍が制圧し、アメリカ大陸軍は退却した。

だが、イギリス軍が被った損害は無視できるものではなかった。
部隊の9割を損失するという中隊が続出し、士官や将校が100名以上死傷した。


これについて、イギリス軍の司令官、ヘンリー・クリントン将軍は次のように書き残している。

”A few more such victories would have shortly put an end to British dominion in America.”
(このような勝利が他にもあるならば、大英帝国によるアメリカ支配は間もなく終わるだろう)






















ヨークタウンの戦い

今日は、アメリカ合衆国が独立した日なんですよ(建国微笑)

1781年9月28日、アメリカ大陸軍は決定的な勝利を手にする。
ヨークタウンに立て篭もるイギリス軍部隊を攻撃し、これを降伏させたのだった。


























星条旗は勇者の故郷にたなびく

これって・・・勲章ですよ(ミリタリーメリット章)

イギリス軍はまだ他の主要港湾都市に残ってはいたが、この降伏の報告を受けた
英国首脳は、講和条約を締結。かくして、アメリカは独立国家として"自由"を手に入れたのである。





ヴェンデッタしたぞ























あたまわるい銃


今回のためにフルサイズマスケットを1丁製作したのと、
フリントロックカービン1丁とフリントロックピストル1丁を購入しました。

我ながらあたまわるいと思います。

ニア軍曹からも「お前はAKを買わない時はマスケット買うんだな」と言われました。

でも騎兵を止めるために長い奴は必要だし、
逃亡兵を撃つのにピストルは必要だし、
騎兵銃も予備含めて2丁ぐらい必要だと思うので仕方ないね。




















ホワイトエンサイン


あとホワイト・エンサイン旗注文してたのに間に合わなかったんですけど(全ギレ)
これはもう一回やるしかないよなぁ?








最後に、装備合わせをして頂いたak74さん、写真を撮って頂いた皆様ありがとうございました!

また戦列やりたいぜ!はよう硝煙まみれになろうぜ。

今度やる時は頑張ってカノン砲かミトライユーズかパックル砲を作ります。



  


Posted by 劇団長  at 19:48Comments(4)サバゲ戦列歩兵道、始めます!

2018年07月01日

SCP財団 日本支部 北海道支局

SCP財団











実体
アイテム番号: SCP-114514-JP


オブジェクトクラス: Euclid


特別収容プロトコル:

SCP-114514-JP実体は、ネット状のフェンスによって区切られた、
およそ120m×100m程の敷地です。

特に財団の監視や警告表示はなされていませんが、
これはSCP-114514-JPが特定の日付に活性化するほかは非常に安定しており、
不活性状態のSCP-114514-JPはSafeに分類されるためです。

SCP-114514-JPが活性状態の場合は、数名のDクラス職員が現地に派遣され監視に当たることとなっています。


説明:

SCP-114514-JPは、████によって、屋外型サバイバル・ゲームフィールドとして運営されている施設です。

SCP-114514-JPが活性状態になるのは月に2回から3回、おおよそ2週間に1回の頻度であることが判明しています。

SCP-114514-JPはあらかじめ活性状態になる日付をSNSやウェブログなどで公表します。
この公表された情報を10秒以上見た人間はSCP-114514-JPの影響を受けます。
(以下SCP-114514-JP-Aと表記します。)


SCP-114514-JP-Aはこの日付にSCP-114514-JPに行くことの義務感に駆られ、スケジュールを調整するようになります。

重度の影響を受けたSCP-114514-JP-Aは、すでにその日に先約があってもSCP-114514-JPに行くことを優先しようとします。


活性状態にあるSCP-114514-JP敷地内でエアソフト・ガンの射撃を行うことは極めて強い依存性を示します。
一度でも影響を受けたSCP-114514-JP-Aが、何らかの理由で長期間に渡ってサバイバル・ゲームを行うことができない場合、強い精神的苦痛を覚えるようになります1


これに対して、財団では「撃たないサバゲー」を提唱して依存症状の進行抑制を図っていますが、
その試みは現在のところ上手くいっていません。


補遺93-1:

██年██月██日に不安定な状態で活性状態になったため、Dクラス職員によってSCP-114514-JPは封鎖されました。
この際、影響範囲化に居たSCP-114514-JP-Aに対してクラスA記憶処理が実行され、
カバーストーリー「天候不良による定例会中止」が適用されました。







Footnotes

1. 日本では一般的にサバゲー中毒と呼称されます。
2. 日本では俗に「お座敷シューター」と呼称されます。

───────────────────────────────────────────────────────

















SCP財団合わせ


という訳で、今回はSCP財団装備合わせでした。

SCPって何?という人で簡単に知りたい人は以下を読んでみて下さい。
知ってる人は読み飛ばしてもらって結構です。


ああ、あと、上の方はSCPのデータベース風に作っていますが、
スマートフォンやタブレット等ではうまく表示されないかもしれません。できればPCで見てね。


---------------------------------------------------------------------------------------
SCPとは何か?

ざっくり言うと超自然的な物・現象・場所・生物とかをSCPオブジェクトといい、
そのSCPオブジェクトを安全に保管したり、管理したりする方法を収容プロトコル
そして収容プロトコルに従ってSCPオブジェクトを管理する団体がSCP財団です。

SCPオブジェクトにはそれぞれ番号が振られていて、(例 SCP-173 とか)
そのオブジェクトについての説明とか、収容するための手順をまとめたものが
SCP財団データベースです。(という設定)



また、SCPオブジェクトにはそれぞれの収容難易度によってクラス分けされていて、
代表的なものは

Safe(セーフ) : 安全な収容手順が確立されていたり、活性化させない限り危険性はないと考えられているもの。

Euclid(ユークリッド) : 性質がまだよくわかっていないもの。もしくは、収容手順が確立されていなかったり、どんな行動をするか予測がつかないもの。新たに発見されたSCPはまずこのクラスに分類される。

Keter(ケテル) : 超ヤバい。放っておくと世界が壊滅したりする程度のヤバさ。

の3種類。(他にも何種類かある)

興味があったらSCP財団のページを見てね。

---------------------------------------------------------------------------------------























収容違反の臭いがプンプンするぜーッ!


収容違反の疑いがあるため派遣されてきたSCP職員。






















突入前


どうやらこの小屋に収容違反のSCPが潜んでいるようだ。






















突入用意


どんなSCPが待ち受けているか分からない。細心の注意を払って突入する。




















あっ!あれは


「あっ!あれは!」





















サメだーッ!


"サメ"だーーッ!」「殴れ!とにかく殴れ!





















殴れ!囲んで殴れ!


殴れ!囲んで殴れ!




















獲ったどー!


「収容完了したどーーーー!」




















---------------------------------------------------------------------------------------

補遺114: 事件514

████にて、SCP-███の収容違反が発生。
Dクラス職員██名が負傷し██名が死亡、
████博士が死亡する事態となりました。

SCP-███は [編集済] とされました。


SCP財団(白)合わせ


<事件514-1 ログ>

████博士: ではD-███。 [編集済] の収容違反について説明してくれ。

D-███: あの日は・・・SCP-███の収容に行ったんだ。D-810、D-364、あとD-931と一緒にな。俺は記録係だった。





















収容違反の臭いがry(二回目)


D-███: あの [編集済] にある小屋だよ。前日にもオブジェクトが収容されていてな、あれはSPCの連中に引き渡したよ。あの連中ときたら「俺たちの目的はサメを殴ることだ。サメを殴っていない間はサメを殴る方法を考えることだ」っていうクレイジーな奴らで―

████博士: その話はこの件に関して重要なのか?

D-███: わかったよ、クソッ。とにかく、今回も楽勝だろうと思ってたんだよ。






















SCP斧


D-███: 目的の物はすぐに見つかった。D-364とD-931が配置に着く前にはもうD-810がアレを持って小屋から出てきたんだ。

████博士: その時は何か異常はなかったのか?

D-███: いや・・・その時はおかしな所はなかったように思う。
























斧の先制攻撃だべ!


D-███: そして・・・突然、あいつが・・・クソッタレ、アレでD-364を斬り付けたんだ。

████博士: それからどうなった?






















お前もか!


D-███: 慌ててD-931が止めに入ったんだが、なんというか・・・奴は異常だった。

████博士: 異常というと?

D-███: 俺たちはこれでも毎日バケモノを相手にしてるんだぜ?二人で掛かれば大抵のSCPは抑え込めるはずなんだ。




















お前もか!!


D-███: だが奴は―Jesus Fucking Christ!二人とも殺してしまいやがった!























うおおおおお!


D-███: 俺は恐ろしくて・・・見ているしかできなかった・・・

████博士: その後どうなった?

D-███: 異常に気付いた第二部隊が駆け付けてきて・・・奴を5人がかりで抑え込んだ。その後はサイト-███に移送された。後は分からない。

████博士: 分かった。これで今回のインタビューは終了する。

<事件514-1 ログ終了>























移送


<事件514-2 サイト-███のログ>

[██年██月██日██:██]

SCP-███の影響を受けたと思われるDクラス職員を連行。
現在は██████の投与により安定中。






















インタビュー


[██年██月██日██:██]

█████博士によりD-810への尋問を開始。






















素直になるおくすり


[██年██月██日██:██]

D-810へ██████を投与する。
この██████は [編集済] の効果がある。






















ほら立てよ


[██年██月██日██:██]

尋問終了。D-810は [編集済] とすることが決定されたため、
サイト-████の██████へ収容する。






















うわああああ


[██年██月██日██:██]

D-810が突如狂暴化し、保安職員D-████を殺害。






















おまえもなー


[██年██月██日██:██]

D-810はその後、█████博士を殺害。























ししるいるい


[██年██月██日██:██]

D-810は [編集済] にて終了済。
また、SCP-███は█████によって [編集済] とすること。


<事件514-2 サイト-███のログ終了>








































財団で来た


今回は雨の中お付き合い頂いたルートさん、
パッチを販売してくださったアクアさん、
撮影等々に協力頂いたマタギの皆さんありがとうございました。

また大勢集まれる時にもう一回やろうや。







SCP財団ロゴマークに係わるライセンス表記

--------------------------------------------------------------------------------
当サイト内のSCP財団ロゴマーク他は、CC BY-SA 3.0 に基づいています。
https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja

SCP-Logo-2400.png c Aelanna
http://www.scp-wiki.net/dr-mackenzie-s-sketchbook
--------------------------------------------------------------------------------

当ブログ中のSCP財団パッチについては、SCP財団日本支部 様より
公開についてアドバイスを受けております。


  


Posted by 劇団長  at 22:01Comments(4)SCP財団装備

2018年06月13日

Paint it Black



謎のナムナム祭り

(←特殊な人たち  一般ピーポー→)

今回はベトナム合わせ!!





















あたまのわるいひとたち

・・・のはずでしたが、朝から参加者の方の一人が持ち込んだ大量の近接武器に釘付け。
男の子だから「ぶき」が大好きなのは仕方ないね!

どうもINT -10ぐらいのエンチャントが付与されているようで、
みんなあたまわるくなってました。
























フレイルを振り回す

フレイルを振り回すマツさん。
特にこの鎖で繋がってる系武器のラインナップのあたまのわるさは随一でした。

自分の中の中学二年生が呼び覚まされるような」とはマツさんの談。























ベストオブあたまわるいぶき

そして今回のベスト・オブ・あたまわるいぶきこんぼう

ドクロとか付いてたんで、人間の頭蓋骨といろんな骨とか組み合わせて作ったとかそういう感じでしょう。多分。











品性やばたにえん





























行軍前

前回の任務より引き続きMatà Gý (マタ・ギー)地帯の偵察を命じられた小隊。
今回の人員は前回の倍近くになりました。

ナム勢もっと増えれ 北海道でもヒストリカルやろうや





















誰かこの弾薬も持ってくれ

「なあおい誰か 弾薬をひとつ持ってくれ もう2つ背負ってるし機関銃も持ってるんだ」

「自分の荷物を人に持ってもらおうたぁ 100年早いわこのボケ」

「(ちくしょう いつか殺してやる)」






















弾薬を集積する

陣地に弾薬を集積中。

今回、12.7㎜用と7.62㎜用の弾薬箱を合わせて10個も持ってきてました。あたまわるいですね。
しかも7割を1人で所有しているのは輪を掛けてあたまわるいです。























LMG!マウンテッド!

「えるえむじーまうんてっど!あんどろーでっど!」

持って来た機関銃の1挺目は陣地正面に配置。

























LMG!マウンテッド!その2

2挺目は2階へ。
まあどっちも弾もバッテリーも入ってないんですがね。
























スター&ストライプ

スター&ストライプも忘れちゃいけません。我々は愛国者なので

星条旗は自由の地、勇者の故郷の上に翻ります。






















ようこそベトナムへ


ようこそベトナムへ!

この日は先週に比べ気温もやや落ち着いていたので、
過ごしやすく良い感じでした。





















部下の前では命令させて

「なあ軍曹、部下の前では私に命令させてくれ」
「おっと、そいつはすまねぇな、少尉殿」

士官学校出の新任少尉ポジションがすっかり定着したお菊さん。

今回は「これだからウェストポイントの連中は・・・」とか、
コルトスコープを指して「そんなオモチャがジャングルで役に立つんで?」とか
散々な言われようでした(笑)

























枯葉剤投下跡

TA〇IYA 1/1ミリタリーミニチュアシリーズ
ベトナム戦争 アメリカ軍歩兵セット


今回は人数も多いのでオサシンが画になります。






















ベトコンとの戦い

ベトコンは森の中から撃って来る・・・

この緩やかな斜面での戦闘シーンは割とお気に入りのオサシン。






















サーチ中

森の中でベトコンを捜索中。























あっちはどうです

「あっちのほうも探してみよう」






















止まれ

「止まれ」
部隊先頭の隊員が何かを発見。






















ベトコンの陣地らしきもの

材木を組み合わせて作った簡易陣地のようなものを発見した。
ベトコンの陣地に違いない。





















爆破するぞ

「爆発するぞ!」
この陣地はテルミットで焼却処分することとした。























戦争は終わらない

戦争はまだ佳境を迎えつつあるばかりである。
彼らの戦争はまだ終わらない。































ナムムピピック

ベトナムに居ちゃいけない系特殊部隊のルートさんとマツさん。





















水遊び大好きナム勢その2

水遊び大好きナム勢

もう最終ゲームだし、水たまりに入るつもりで来たのでもう何も怖くない























アニマルファザー

機関銃手のニア軍曹。
もっぱら「アニマルファザー」と呼ばれていました。























試作型デスマシーン

試作型デスマシーン!

といってもただ後ろからベルトリンク伸ばしてるだけだし、
弾薬箱から出てすらいないというやっつけ仕事。























ヘビーウェイトラックサック

ライトウェイトラックサックに弾薬箱積んでヘビーウェイトにしようぜ!(アホ)
という発想の元、ラックサックフレームは弾薬手仕様に。

しかし背中に何か物があるとやっぱり良いですね。























実質実弾

これは珍しい!マツさんが持ち込んだH&K正式ライセンスのBB弾。

H&K正式ライセンスなので、これはもう実質実弾
6mmパラベラム弾」と呼ばれてました。
























園遊会装備

こちらは最後に行われた広い地域で指定されている暴れる力の団体合わせです。

貸し切りサバゲとは表の顔、実は帯広本部と釧路支部のファイナンスグループによる合同園遊会だったのでした。























闇取引

闇取引。
大変非常に絵面がアレでした。























握手

そして握手。

大変非常に絵面がアレでした。(大事な事なので2回ry



































攻撃力は120%向上

あとなんかハンドガン持ってたらリベリオンっぽいって言われたので撮ってもらったやつとか。


























ガンカタ

リベリオンはいいぞ(リベリオンはいいぞおじさん)




今回のおサバゲはだいたいこんな感じ。




  


Posted by 劇団長  at 21:41Comments(4)サバゲナムナムしま戦か

2018年06月04日

夏にロシアはやばたにえん



30年度ロシア祭り

今回はロシア装備合わせでした。




















ロシア装備の時のやばたにえんちゃん


装備が暑すぎてやばたにえん・・・

BDUに袖を通した時点で「あっ、これ装備の選択間違ったな」と後悔しましたが、
時すでにお寿司。

午前中はまだ曇りで、時には弱い雨も降るほどだったのでまだ良かったのですが、
午後からは急に天気が良くなり気温も上がりました。

30℃近い気温 + 通気性の悪いBDU + ケブラーのアーマーのコンボは
色々とクリティカル。


さすがに途中からはアーマーを外しました。

普段はヘルメット&ボディアーマー推進派ですが、
今回は暑過ぎました。





さもないと、


お前は死ぬ


去年の似たような時期に似たような事を書いた記憶があるので、
ほんと学習能力やばたにえん






















ロシア武器マーケット

今回の武器(の一部)

これで二人分の武器(の一部)とか色々突っ込み所はあるんですが、

一番あたまわるいのはこんなに鉄砲あるのに3種類しかないところかな。

この後また鉄砲が増えたり減ったりしてましたが、
銃の総数が増えても種類が増えないところは本当にあたまわるいです。






















プラorウッド

こっちはやってみたかったプラスチックと木製の対比。

渋い木製か、タクティコーなプラスチック製か迷う?



そういう時は







どっちもかう
































TAMIYA ロシア歩兵セット


TA〇IYA 1/1ミリタリーミニチュアシリーズ
「ロシア歩兵機関銃チームセット」











元ネタ


元ネタはこちらです。

こんな撃ち方したら難聴量産すると思うんですがそれは・・・





耳元で撃つな





















対空射撃


対空射撃も。
本来は二脚を持つ兵士は機銃手の方を向くのが正しいらしい。


あ、見て分かる通り、PKM買いました。
Zenitのレイルハンドガード付きでお得でした。


最初はマツさんのAKM見てAKM欲しくなりまして、
そしたら何故かPKM買ってまして

AKMPKMなら一文字しか違わないから実質AKMだと思ったんですけど、やっぱり違うので




















AKM


A K M も 買 い ま し た
これは流石にゴウフカさん。










おほ~


ほら、今じゃYouTuberもAKM持つ時代だし、多少はね?






















ガスブロAK布教会


AKMといえば、教祖お菊さんによるガスブロAKMの布教会も開催されてましたねぇ!

自分も撃たせて貰いましたが、まずグリップの薄さに感動して、次にリコイルに感動しました。

これは買うわ



















フローラ合わせ


フローラ装備合わせもしました。

6Sh92を手に入れてフローラ装備完全体になりましたので、
T-72に徹甲弾ぶち込まれるリエナクトができます。

でもそのリエナクトで必要なのはヘルメットだけなんだなこれが。
























ロシアンムカデ人間


恒例のロシアンムカデ。

すーぐ並びたがるロシア人。列を作るのはソ連時代からの伝統だから仕方ない。
これは礼儀正しいですわ。





















ゲーム中の写真

たまにはゲーム中のオサシンも。

これは森の中でアンブッシュ中の一幕。





















コロポックルートさん

アンブッシュ中のコロポックルートさん。

撮影のためのポーズとかじゃなくて、ガチで敵の位置を指示してくれてますが、
そっちのけで写真を撮るアホ。


今回はアンブッシュ方面で大活躍されていたようです。

敵の背後からの奇襲と、その後の華麗なフラッグゲットは見てたぞ見てたぞ~

























対空射撃戦闘


今回は暑さで半分死んでたので
オサシンが少なめなのでこんな感じで終了。

夏にロシア装備なんてもう二度とやんねーよ!バーカ!(フラグ)

でもまだ使ってないロシア装備がまだあるしな・・・



いや、やっぱやめた!次回はベトナムします!


  
タグ :ロシア軍


Posted by 劇団長  at 19:57Comments(2)サバゲ謎のロシア祭り

2018年05月15日

ゆるナム△(メコン)



ゆるナム△(メコン)

ということで、い感じのベト合わせをしてきました。

ちなみに△は「テント」ではなくて「デルタ」です。

すなわちメコンデルタの事です。







△(メコンデルタ)


メコンデルタは実際はこういう形なので、正確には(メコン)が正しい。






















SOG装備!


今回はSOGな装備にしてみました。

あっ、SOGって言っても、SEALsとかLRRPとかMACVとかじゃなくて、

ただ漠然とSOG(特殊部隊)。













さて、ナム戦のSOGと言ったらSTABOハーネスです。だそうです。

色んなサイトを見てもハーネスを装備していたって書いてあったし、
SOGなゲーマーさんを見ても大体の人が装備していたので

SOG = STABOハーネス と理解した。異論は認める。












特殊な二人


STABOっていうのは「STAbilized BOdy」の頭文字だそう。
長い単語を無理やり短縮する英語圏の略語にしては意外とシンプル。

直訳すると「体安定化ハーネス」?

これで何をするかって言うと、戦場からヘリコプターで離脱する時に、
ヘリのウィンチに引っ掛けて吊り上げてもらうのだとか。

このSTABOハーネスの前身に「マクガイア・リグ」っていうヘリ用の回収システムがあったのですが、
これが「ヘリから吊るす空中ブランコ」みてーなシロモノで、常にバランスをとっていないと落ちるし、
リグのストラップが足に食い込んでめちゃくちゃ痛いというものだったそう。


それで、こんなもんでやってられるか!とSOGが開発したのがSTABOハーネスだそうです。

ちなみにマクガイア・リグについての詳しい説明はこことか。







と、ここまでがSTABOハーネスについての予備知識。

ナム戦やっているような方にとっては釈迦に説法孔子に論語ですので
読み飛ばしてしまって下さい。

え?それをここに書いたら意味無いだろって?










そりゃそうだよ(便乗)



















すまんかった


正直すまんかった


・・・なのでSTABOハーネスが欲しいんですが、レプリカでさえ安くて2万円ぐらいします。

そういう訳で作ることにしました。



















STABOハーネス


ハーネス本体は米軍実物のA7Aストラップを2本使っています。

このストラップは元々は航空機の貨物を固縛する汎用ストラップだそうです。

ただ、いろいろ使い勝手が良かったのか、ズボン用のリガーベルトとして使われたり、
前述のマクガイア・リグにも使われているそうですし、

これ1本だけでもカラビナ等と組み合わせて「ハンソン・リグ」と呼ばれる
簡易的なハーネスを作ることができるそうです。








値段が変わらん

最初はBlackHawk!タイプのCQBベルトを何本かバラして作るつもりでしたが、
ベルトの金具の関係で4本ほど購入する必要があり、
実物ストラップ買うのと大して変わらない金額になるので実物を買うことにしました。












リング比較

元々ストラップに付いていた関係で金具はDリングとなっていますが、
ベトナム戦争では三角型のVリングがメジャーだそうです。

最初CQBベルトを素材にしようとしたのもこの金具のせい。

しかし、今回使用したストラップも一応ベトナム戦争中のロットなので問題は無いはず。無いよね?

ただ、フックの金具の方もクイックリリース機能(not better)が付いたものですので、
よりナム戦仕様に近いものを入手する機会があれば順次入れ替えていく予定。




材料費はピストルベルトを除けば9000円程度でした。

製作費・・・プライスレス















Mk22


Mk22 Mod.0 、いわゆるハッシュパピーも作りました。

S&WのM39をベースにするのが王道なのでしょうが、
M39はモデルガンでしか発売されていません。

そこで東京マルイのM645をベースにしました。
M645はM39のシリーズなので形状もほとんど同じなのです。

M645を実際に持ってから気づきましたが、M39に比べてフレームもスライドもデカい。
それもそのはず、M39は9㎜弾仕様ですが、M645は45口径

フレームはいかんともし難いのでそのまま、スライドは切り詰めています。

ベースがエアコキなので一発ずつスライドを引きますが、この銃に限っては実銃同様です(笑)















でもMk22ってSEALs・・・





いんだよ細かい事は










ナム戦の特殊部隊のイメージが「Mk22」、「STABOハーネス」、「タイガーストライプ」なので仕方がない。

その3つだとどちらかというと











またせたな

この人な気もしますが。




















行軍中

Matà Gý (マタ・ギー)地方のとある農村の調査を命じられた小隊。
温帯夏雨気候に分類されるベトナムらしく、この日は弱雨が朝から降っている。

この地に派遣されるのはもうこれで5回目くらいになる気がするが、気にしてはいけない。






















休憩中


なんとここでギリー軍曹よりコークの配給が。

瓶だけどスクリューキャップ式の復刻版コーラと違い、
本物の瓶コーラの配給にテンションが上がる一同。




















海兵隊万歳だ


「このコークをお与え下さった主と、合衆国海兵隊に万歳だ」






















時代が違う空間


たちまちテーブルの上は60年代にタイムスリップ。
ここだけ空間が違う」と言われました。

この写真を撮った後も続々と小物が増えてカオスな状態になっていましたが、
これぐらいのシンプルの方がしゅき。

















黒い仕事


国際法くそくらえの違法な越境作戦もあるSOGなので。

つまりBlack OPS(黒い仕事)

今回のお菊さんのガバメントのサイレンサーには
ブラックオプスの例のアレが刻まれていましたが、写真縮小したら見えなくなっちった。


























水遊び大好きナム勢


水遊び大好きナム勢。

水があったら入る川があったら渡るのは仕方ないと思うな。

























出るに出られぬ沼


なんかこの水入ってる最中は3人から写真撮られまくってたんですけど。

いや、撮ってくれるのは大変ありがたいですけど。






























スモークを使うぞ


そろそろ帰る時間なので迎えのヘリを呼びます。

今回は赤色のスモークが目印です。






















スモークアウト!

「スモークアウト!」

スモークを投げる瞬間。

連写でもないのによく撮れましたねぇ・・・

ルートさんすげぇっす。マジリスペクトっす。






















赤いスモークで場所を知らせる


赤いスモークで位置を知らせます。

投げたスモークは本当はグリーンなんですけどね。
























ここだー


迎えが来ました。帰ります。

プラトーンではないです。



























北へ。


SOG装備はスネークっぽいって言ったろ、だからついでにやってみた。






















儀式の人をやりたかった


例のアレ





















木に引っ掛かった


「ああ^〜 木にフィールドパックが~」






















ハッシュパピー


リベレーターにそっくりだ!

構えてたらお菊さんに笑われました

イメージ画像↓


なんだその構えはwww
























45だ!

「45口径だ! 鏡のように磨き上げられたフィーディングランry」






















美味すぎる!


美味すぎる!

























SOG装備!!



今回のゲームはお菊さんと交互躍進しつつ前線を押し上げるのが大変楽しかったです。

これは「ぼくの理想のサバゲ」にかなり近いです。





あとは、トンプソンのストックレスは滅茶苦茶取り回しが良いのでおススメです。


騙されたと思ってみんなもやってみよう!

バッテリーインにしないなら、ネジ二本外すだけのお手軽施工!

トンプソンのストックレス化は二次戦にはもうすでにある由緒正しいカスタムなので、
銃への冒涜にはあたらないし、きっと主も赦して下さるはずなので大丈夫です!




















だがこいつが許すかな!


†悔い改めて†





  


Posted by 劇団長  at 19:10Comments(4)サバゲナムナムしま戦か

2018年05月04日

4/29ナム戦初め


4/29は「砦」さんのオープン戦に行って来ましたよ。

公式発表では総勢325人(!)来たそうで、それはもう凄い混雑ぶりでした。
特に駐車場の混み具合は半端なかったです。

あれならベトナムから帰ってきても駐車場の整理の仕事があるのでラン某さんでも安心。












ゲーム開始前


今回はタイトルの通りお菊さんとナム戦合わせしました。

これまでお菊さんは「ソビエトの軍事顧問」という立場でのナムナム参加でしたので、
今回から大正義ジャスティス合衆国が一人増えるということに!?やったぜ。






















陣地防衛中


塹壕内で陣地防衛中。ちなみにゲーム中です。

なにせ一陣営100人以上いるもんで、少しくらいサボってもバレない裏取りによる奇襲が予測されるため、陣地の守備は重大な任務なのです。

ちなみにここから10歩も行けば本陣です。






















撮ってもらったよ


通りすがりの親切なゲーマーさんに撮ってもらったよ。

ちなみに、この写真を撮ってもらった時点では、
元々ここを防衛していた自衛隊な人に臨時的に陣地防衛を任されたけど、しばらく待っても戻ってこないし引き継ぎの人員も来ないのでただ暇な状態。




あと、何故か他の人からは「ベトコン」と呼ばれることが多かったです。

多分「ベトナム戦争の装備」だってことは分かってるんだと思います。
でも、「迷彩服を着て最新のタクティコーな装備をしている」のがアメリカ軍というイメージがあって、
それ以外 = ベトコン なんだと思います。

この時期のアメリカ軍装備は米軍史上で一番ダサい装備だからね、しょうがないね
(※あくまで個人の感想です)


それとも単純に「ベトナム戦争」 = 「ベトコン」なのか。






















もーしもしもしもしもし

「何?デンジャー・クロースだって!?いいからすぐここに砲撃を落とせ!」

陣地を任された際に、野戦電話で遊んでてもいいというお墨付きを貰ったので少々拝借して。


ゲーム開始前の移動中にフィールド内を歩いているとき、
件の自衛隊な人がケーブルリールを担いで歩いていたのを見て、すげぇ!ってなったんですが、

敵と少々交戦してから陣地に戻ってみると電話線が敷設されていて、またすげぇ!
ってなりました。

本陣と直通の回線でしかも実際に使えるようでした。
こいつは・・・た ま ら ね え ぜ !










まあその本陣っていうのが上述の通り徒歩10歩圏内なので、普通に会話した方が早いのですが・・・






だがそれがいい























げっさむ! げっさむ! いえぁ いえぁ いえぁ


げっさむなお菊さん。

ナム戦なので一応サブウェポンとして持って来たM60ですが、
お菊さんのほうがメインで使ってた気がします。

カタログスペックでは3500発の装弾数があるのですが、全部撃ち尽くすほどの大活躍。
フィールドが広い上に人数も居るので、制圧射撃するには弾がいくらあっても足りません。

(ぼくでもそこまで撃ったことは)ないです


逃げる奴はベトコンで、逃げないのは良く訓練されたベトコンっていうのは世の中の常識ですが、
ここには逃げないどころか反撃してくるエリートベトコンしかいないのでマシンガンナーも大変です。














ゲーム内容的には、

「着剣!」と言ったらナイフを出してくれたゲーマーの人と一緒に銃剣突撃したり

軍刀を持った日本軍の将校な人と一緒に銃剣突撃したり

竹槍を持った日本軍な人とバギーに乗って銃剣突撃してサムライマリンコな人に斬り殺されたり

スコップを持ったロシア軍礼儀正しい人たちに着いて行って銃剣突撃したり

とても楽しかったです(迫真)

一日にこんなに何度も着剣をするとは思わなかったぜ


















今回の装備


今回の装備




今回の装備背面


元々5/4開催のジョイサバでナム合わせをしようと思っていまして、
一大イベントだというのに、ファッキンナイロン混在の装備だと
恥ずかしい(当社比)と思いまして、この際なので一気に調達しました。

このおかげでファッキンナイロンを装備から完全に叩き出すことに成功しました。

やはりコットンは神 コットンを崇めよ






今回の装備は以下の通り。

(既存と入れ替えた、若しくは追加した装備は太字で示す)

・M1ヘルメット+ミッチェルパターンヘルメットカバー
ジャングルファティーグ(4th)
・M1936ピストルベルト → M1956ピストルベルト(初期型)
・M1967サスペンダー → M1956サスペンダー(後期型)
・M1956アムニッションポーチ(初期型)
・LC-2キャンティーンポーチ → M1956キャンティーンポーチ(初期型)
・M1961フィールドパック(レプリカ) → M1961フィールドパック(実物)
・M1916ホルスター
・M1923アムニッションポーチ(後期型)
・LC-2コンパスポーチ → M1956コンパスポーチ
・カミラス パイロットサバイバルナイフ → M7バヨネット&M8A1スキャバード
・M16バンダリア
M7バンダリア(初期型)
・ジャングルブーツ(パナマソール)


見て分かる通り、これまでの装備はとんでもなくガバガバでした。

M1967装備どころかLC-2装備を混ぜている点はかなりギルティです。

いや、多分ナムのプロからしたらまだまだガバガバなんでしょうけど、個人的には満足なのです。


一般歩兵でも拳銃装備なのはゲームユースを考慮しての事なので、そこは見逃してくれると嬉しい






雑嚢としてM7バンダリア(クレイモアバッグ)を投入してみましたが、使い勝手は中々良好。

ポケットやコンパスポーチに入らないor入れたくないけど、フィールドパックに仕舞うのは面倒・・・
そういった物を入れるのに非常に便利。(ステマ)

あとはダンプポーチの代わりとして使ってみましたが、ダンプポーチとしては微妙。
マガジンが1本2本とかだと良いんですが、本数が増えてくると溢れそうになります。
危うくマガジン1個失くすところでした。

中の仕切りが無ければ最高だったんですが・・・。
切り取ってしまえばいいのですが、そうするとクレイモアを収納する時がきたら困るので
やめておきます。



















あとレプでいいからビブラムソールのジャングルブーツ欲しいね。


ビブラムのブーツ 出せば売れるぜ



ビブラムのブーツ 出せば売れるぜ


メチャウマだからよォ うそじゃねぇよ








  


Posted by 劇団長  at 23:11Comments(4)サバゲナムナムしま戦か

2018年04月11日

グライフ作戦です!


グライフ作戦です!


そういう訳で、今回はCoD装備合わせでした!

全世界のCoDファン60億人が待ち望んでいた、9年ぶりの原点回帰ですからね、
これは是非装備やっておかないとなりません。

まあ例によってWW2は未プレイなんですが。
一番好きなのは2です。MW2じゃなくて本当の2。


今回のメンバーは、自分と、軍曹と、空挺隊員かつ今回のゲームの主催者であるDog氏。



















アメリカ軍だと思うじゃん?


釧路勢はちゃんと青いスカーフが標準装備です。
ナム戦の第二歩兵連隊みたいなノリです(棒)

このネタは誰にも分かって貰えませんでした。
残念だが当然


もっと知りたいですか?グライフ作戦です!



















バルジ大作戦です!


北海道ではゲームの前々日までが降っていたので、
バストーニュ
な感じになるかなと期待していたのですが、ゲーム当日までにすっかり溶け切ってしまっていました。
それでもバルジ感はかなり出ていると思うのでそれはそれで。

ただし、雪解けの水のせいか、フィールドのコンディションはどちらかというと東部戦線
最初のゲームで敵が一つの方向からしか来ないので不思議に思っていたら、
そこ以外はまともに移動できないぐらいの泥濘になっていました・・・。




















バルジ大作戦です!その2


今回のゲームはメディック戦が一番熱かったですね。

ルール上、「メディック」と「負傷者を運べる人」が居まして、
「負傷者を運べる人」をやるつもり満々で邪魔な長物を置いて参加したのですが、流れでメディックになりまして。

まあ任命されたからには頑張って走り回ったのですが、もう「一人ハクソーリッジ」状態でした。

BFなら蘇生ポイントだけでランクトップとかそんな感じだったと思います(大本営発表)






















一般通過米兵

1944年 12月
フランス アルデンヌ地方

とある道路を警備する監視所に一人の兵士が近づいてきた。





















あっおい待てい(1944年)

「あっ、おい待てぃ」

「じゃあまず、どこに行くのか教えてくれるかな?」

「この辺にぃ、ドイツ軍の部隊がアイゼンハワー将軍を拉致しに、来てるらしいんすよ」

「やべぇよ・・・やべぇよ・・・」

「ダルルォ?だからこの情報をあく伝えないとならないんすよ」
















アメリカンクイズ


「じゃあ問題出すから答えろよ~アメリカ人なら答えられて当たり前だよなぁ?」

「おかのした」

「自由の女神がある州は?」

「ニューヨーク」

「ですが~、どの国から寄贈されたものでしょうか?」

「えぇ・・・(困惑) 多分フランスだと思うんですけど(名推理)」

「やりますねぇ!」





















通って、どうぞ


「通って、どうぞ」

「じゃあ俺情報伝えて帰るから」






















将軍がきた


監視所にまた違う人物が近づいてきた。





















おい待てぃ(2回目)


「あっ、おい待てぃ」

「何だお前」

「この辺にぃ、偽アメリカ兵とか、来てるらしいんすよ」

「ちょっと問題に答えてもらっていいっすか?オナシャス!」

「しょうがねえなぁ」






















イリノイ州の州都はどーこだ?


「じゃあイリノイ州の州都を教えてくれるかな?アメリカ人なら答えられて当たり前だよなぁ?」

「そんなことでいいのか?聞いとけよ聞いとけよ~」

「答えはスプリングフィールド!簡単だな!」






















シカゴだし!


「(正解じゃ)ないです 正解はシカゴだゾ このスパイのクラウツめ」

「は?(威圧) スプリングフィールドに決まってんダルルォ?」

「シカゴだって言ってんだろ 馬鹿じゃねえの(嘲笑) 」






















お前今笑ったな?死にたいのか?


「お前今笑ったな?死にたいのか?」

「軍法会議にかけて二度とこの世界にいられないようにしてやる」






















憲兵、来てくれー!

「この人おかしい・・・(小声) MP、来てくれー!」






















憲兵だ!

「憲兵だ!おとなしくしろ!(鉛弾)バラ撒くぞこの野郎!」

「どう考えてもスプリングフィールドなのに・・・私には理解に苦しむね・・・」

「違うだろ!いい加減にしろ!」




















二人に勝てるわけ無いだろ


「暴れんなよ・・・暴れんな」

「二人に勝てるわけないだろ!」






















あくしろよ


「ひざまずいて手を頭の上にするんだよ、あくしろよ」

「よし、じゃあ収容所にぶち込んでやるぜ!」

「おじさんのこと本気で怒らせちゃったね」



グライフ作戦終了
























スパイ戦の時の装備


あとこれスパイ戦の時の装備です。

どう見てもアメリカ軍ですね(白目)

後ろの旗はマジ卍卍解だったので見せられないよ!


二次戦業界だともうスパイが誰だかバレバレ状態ですが、幸か不幸かスパイにはならなかったです。

むしろ味方を誤射したと思ったらスパイを始末していたというファインプレーをしてました。



























リアル荒野行動


あとはKar98kもあるし、ついでに今話題のリアル荒野行動も。

どう見ても荒野行動ですね(棒)



(荒野行動もPUBGもH1Z1もやったこと)ないです

  


Posted by 劇団長  at 19:51Comments(2)サバゲ大正義ジャスティス連邦